nail * 0.8

年末に足の親指を手術した。正確には親指の爪。そして両足。
決して巻き爪ではないのだが、放置しておくと肉に爪が食いこんで退っ引きならない痛さをエレガントに演出してくれるので、余分な爪を20%削減することが去る12月25日に決定した。ついでによく分からない薬品を滴下して、次から次へと爪を繰り出して私を苦しめていた細胞も破壊してもらった。現代医療はすごい。
手術後も日常生活には支障は無かったが、ただひとつ、小便が非常にやりにくいことが悩みであった。つま先に体重をかけられないのでバランスが取れず、立って小便をすると懐かしの水飲み鳥のおもちゃのように体が前後に揺れる。おかげでトイレ内は「 ビールかけ 」をした後のような有様だ( 色も似ている )。コングラッチュレイションもいいところである。