読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謹んで新年の御慶びを申し上げます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。湧き上がる新年の御慶びがネット上に溢れ返るであろうこの時期に、私がこれを書いて[ 登録する ]ボタンを押した瞬間から世界中の感情が重なり畳なわり、重ね塗られ薄められ、すでにそれが慶びという感情だったのかさえも怪しくなる頃に私はまた次のエントリーを書き足さなくちゃいけない。去年も今年も延命治療的な頻度と惨めさで書いている本人さえ行き先を見失う徘徊ダイアリーが何を隠そう、この久保マムシです。誰かにとっての特別な何かになれる日が来れば、いつかこの凡庸な新年の挨拶もずっしり重い言葉になるのだろうと、読者任せの場面依存と書き手の自己満足で何とか首の皮一枚繋がっているような瀕死の関係性をこよなく愛するのが何を隠そう、この私です。