読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下腹部むき出しのはてなへようこそ

前のサイトから合わせるとネットで文章を書き始めて四年くらいになるのだけど、もっとも派手にレスポンスがあるのはやっぱりエログロな話であって、どうにもなあ、と。特にはてなに来てからというもの、はてなスターはてなブックマークなんてのは普段全然付かない(そしてその平穏が密かに好物だったりする)んだけど、ゲロとチンコの話は望まれざるものだったとしても反応は激しい。そういうのってやっぱり自分も人様のブログで見るとつい笑ってしまうし、時々卑怯だな、と思ったりもする。うーん、卑怯というか・・・美味しいお米が出来るように願いながら丁寧に田植えをするお婆さんの横をコンバインでガインガイン突き進んでいくような、愛想のなさというか。
かつて「テキストサイト」で勢いがあったサイトも、どうしても下ネタを多用するきらいがあった。和やかに育てられた人間にとっての一番原始的な笑いだと思う。うんことかさ。だから強い。でもその影で本当に文学みたいなものを真面目にやろうとしている人もいて、私はどちらかといえば後者に魅了された人間だと自分では思っているのに、このブログを読み返してみると本当に下品だ!私も下品だし、しかしながら読んでいる人も下品。下ネタに対してのはてなスターとブックマークは下ネタが容認されていることのサインとしてタイトルの横に輝き続け、はてなというおちんちん村は歪んだ性を拡大再生産し続けるんだよ!