私のiriver

まだiPodを持っていない。音楽プレイヤーは数年前に買ったiriver社のT20を使っている。
iriver フラッシュメモリープレーヤー T20 512MB バイオレットブルー T20 512MB-VB
2ヶ月ほど前、ウンともスンとも言わなくなったことがあり、とうとう壊れたと思った。USBのところに差し込んでも認識しないし、充電も出来ない。どうやら電池切れではない。もう2年ほど使っているのでそんなものかと思っていた。
新しいのを買おうと決めていた日、ふと思い出して駄目元でスイッチを押すと、しばらくの間があった後突然メッセージが表示された。


「バッテリー あがる」


なんじゃこりゃ!おーい聞いたか!バアちゃんが息吹き返しよったで!というテンションでレスキュー充電。すると本当に復活。で、それを今も使っている。512MBしか入れられない子だけど、非常に気に入っている。
それにしてもあのメッセージは何だったのか・・・もう少しフォーマルな表現は出来なかったのだろうか。漢字は表示できるのに。「充電してください」とか。機械も瀕死のときはひらがなになってしまうのだろうか。「おんりょう だいじょうぶか」とか変な気遣いとか始めたりして、本当の最期にはベタに「ありがとう」とか出たり。
映画化の準備をしておこう。多分女子高生とか泣くぜ。