2011年総括

今年印象に残っている出来事を総括します。

形式上の童貞を捨てました

d:id:kubomi:20110909 に書いてあります。
ソープに行って人生初のセックスをしましたが何とも言えない経験をして帰ってきました。後日談も何もないというか、記憶に刻まれた程度で、人格形成に影響を及ぼすなどのことはありませんでした。世間でよく言われるように童貞を捨てることが人格を変えるのではなくて、彼女を作り性行為までこぎつけるという、一連の交渉・妥協・自己犠牲・ユーモアなどの過酷な訓練を経て人格に影響するのだと思いますので、形式上の童貞卒業、実質上の童貞維持という結果になりました。

ネットの人と会いました

ネットでしか付き合いのなかった人と現実に接触するという経験を今年初めてしました。名前は伏せますが2名、男女それぞれ1名ずつの方とお会いしました。思えばネットでこの名義で何かを書くようになってから7年程度経ちますが(そしてこういう出会いを格別に望んだことはありませんでしたが)、とうとうか、という感じでした。
自分の社交性のなさと知性の低さにただただ絶望するばかりで、みんなすごいし、ずっと蟄伏したい。お会いした後も、その人の生身とアカウントが統合せず、結局ネットはネット現実は現実という風にしか捉えられず、自分にはデジタルネイティブなど名乗る資格はないと痛感するばかりでした。
部活でそれなりのポジションを与えられているので名前を売るために実名でのtwitterも始めたのですが、同じ競技の界隈の人(東京のとある女子大生)にたまたまお会いする機会があり、そこで「いつも読んでます」なんて言われて、まあこれもネットの人に会ったと言えば会ったということになる(会うまで人とアカウントは一致していなかったが、会って相手側から申告され、判明した)。

家族が全員スマホ化していて嘲笑の眼差しを受けました

皆と同じようにスマホの手術を受けたい。

大喜利をやりました

一度でいいから大喜利をやってみたいなー、でも友人同士でやったら多分酷いことになるよなーどうしたらいいもんかなーという旨をtwitterで発言したら、「鴨川杯」との回答を頂き、プレ大会の「カワシモ杯」に参加しました。素人参加型の大喜利ですが、張り詰め過ぎもせず馴れ合い過ぎもせず、良い感じのアトモスフィアで戦わせてもらいました。結果は16人中3位でした。良い刺激をもらいました。