読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「お召し上がりですか」について

最近ファーストフード店に行くと「店内でお召し上がりですか?」の意味で「お召し上がりですか?」と聞かれることがある。

最初に聞かれた時は、ナチュラルに「Do you eat it?」の意味で取ってしまい即座に「はい」と返事をしてしまった。しかも運の悪いことにその時は持ち帰り希望で、一寸経ってから意味を察して「やっぱりテイクアウトで」なんて言ってしまった。これでは只のちょっと迷惑な客である。

GIGAZINEの記者は分解して撮る用に買うかもしれないし、アンチ添加物の人が実験用に買うことはあるかもしれないが、普通は食用目的以外で買うことはありえない訳で、少し考えれば分かることなのだが、未だに面食らってしまう。

「お持ち帰りですか」の言い間違えなのかと思ったが、他のファーストフード店でも聞くようになったし、ネットでも同じことを嘆いている人がいた。もしかしたらマニュアルになっているのかもしれない。

もういい歳こいた大人なので、今更こんなことに日本語の乱れだ何だと目くじらを立てて怒ることはないけれども、特に省略するメリットもないわけですごく不思議なのである。
いっそのこと「店内で?」と戸田奈津子的な聞き方をしてくれてもいい。個人的には。